日本人の葬儀、仏式の一般葬は世界一高額なお葬式と言われています。一般葬では故人とあまり親しくなかったような人まで弔問に訪れるため、著名人ではなくて普通の人でも大きな会場を借りて大規模な葬儀が執り行う必要があります。最近は葬儀の際に一般弔問客の儀礼的・形式的な弔問を受け付けずに、故人の家族だけが葬儀に参列する少人数の家族葬が増えています。会葬者が少人数であれば葬儀費用を低く抑えることができます。さらに、故人とあまり親しくなかったような人が形ばかりの弔問のために葬儀に参列する必要もありません。少人数の葬儀は式を主催する側の遺族と、故人の関係者双方にとって合理的です。少人数の葬儀は東京や千葉県・埼玉県・神奈川県などの都市部で増えていて、地域によっては一般葬よりも多い所もあります。

都市部で人気を集めている新しい形のお葬式とは

地方であれば今でも仏式の一般葬が最も多く行われます。これに対して都市部であれば、少人数で葬儀を行うケースや、少人数のお葬式で通夜を省略した1日葬、通夜や告別式を省略して火葬のみを行う直葬を選択する人が増えています。無宗教葬や海洋葬も人気を集めています。都市部であれば従来型の仏式一般葬よりも、少人数のお葬式や無宗教葬、1日葬や自由葬の方が多いぐらいです。千葉県内でも新しい形式のお葬式が増えています。県内にある民間の葬儀会社が依頼を受けた葬儀の中で、全体の約半数が家族葬と1日葬で占められています。一般葬と直葬が残りの半分を占めています。1日葬も家族だけが参列する少人数のお葬式です。そのため、全体の約半数が一般弔問客の訪問を受けずに家族や故人と親しかった友人だけの、少人数のお葬式が執り行われていることになります。

少人数でお葬式ができる葬儀場の探し方

千葉県内で少人数の葬儀を行うことができる葬儀場を利用するのであれば、民間の葬儀業者の会場または公営の会場を利用することができます。民間の葬儀場を利用する場合には、会場を所有する葬儀業者のサービスを利用する必要があります。自前で葬儀場を所有する葬儀社のサービスは高額なプランが中心です。民営の会場以外に公営の会場を安い料金で借りることもできます。県内にある市営斎場は収容定員が100名を超える一般葬向きの大きな会場と、収容者数が数十人程度の小規模な会場を備えています。松戸市にある公営斎場には、収容者数が10名と25名の家族葬専用のホールを備えています。公営斎場で葬儀を執り行う際に市民葬や区民葬の業者を利用することができます。行政の指定を受けた葬儀場社を利用すれば良心的な料金で少人数の葬儀を行うことができます。

当社はオリジナルの文章で会葬礼状を作成している為それぞれの想いと感謝を込めて言葉を表現していくことが可能です。 お電話でのお問合せはフリーダイヤルとなっている為お金は一切かかりません。 最初から最後まで同じスタッフが担当し、しっかりサポートさせて頂きます。 家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。当社は昭和38年9月に設立致しました。 【千葉県の家族葬】心を込めてトータルサポート