千葉県の葬儀会社で選ばれることが多い形式は大体4種類です。まず、一般葬、それから直葬、一日葬、家族葬の4種類の形式があり、最近は千葉県などの大都市では家族葬が選ばれることが多いといいます。一般葬は昔からよく執り行われてきた形式で、参列者や遺族などで故人を見送ることができるということで選ばれてきたといいます。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へ遺体を搬送して火葬をしてしまい、後日改めて葬儀を行うという形式です。社葬を後日行うという場合や家が遠方にある、という場合に選ばれることが多いということです。一日葬は、葬儀やお通夜を行うには日が悪いなどの理由で少し間をあけてから行う葬儀のときに選ばれることが多い形式だといえます。一日でお通夜、お葬式を執り行う形式です。

ゆっくりと故人を見送る時間ができる

家族葬は、家族や親族、それからごく親しい人だけで葬儀を執り行う形式です。なので、ほかの葬儀とは違って遺族が故人をゆっくりと見送ることができるというのが特徴です。千葉県などの大都市で選ばれていることが多く、たくさんの人に見送られるよりも最後の時間を大切にしたいというご遺族の希望で執り行われることもあります。また、ほかの葬儀の形式との違いで、ほかの参列者の方たちに気を使う必要がないのがいい、ということで選ばれることもあるといいます。生前の故人の希望でこの形式を選んだ、という人もいますし、最近はこの形式での葬儀を執り行う葬儀会社も多いということです。また、手間がかからない、という点でも選ばれることもあります。ほかの参列者の方たちに食事やお礼状などを準備しなくていいので、遺族が静かに故人を思うことができる時間ができます。

形にとらわれず故人を見送ることができる

家族や親族だけの葬儀は形にとらわれないところが最大の魅力だといえます。参列者が家族や親族など、親しい関係者のみとなっているので葬儀の形もある程度自由にすることができます。たとえば、仏式だからといって必ずしもお坊さんを呼ぶ必要もなく、無宗教でもお焼香をしないというわけでもないので、遺族の自由にできることが少し多いといいます。故人が好きだったことや希望を踏まえて葬儀のスタイルを作ることも可能です。また、葬儀は形式にもよりますが、平均で200万円程度の費用が必要になると言われています。大規模な葬儀になると、様々なプランが準備されているのでオプションなどもあり、さらに高額になることもあります。ですが、この形式の葬儀では必要に応じて費用を決めることができるのが魅力的な点です。