お葬式というと故人とゆかりのあった人々が集まり、地域によっては家での大宴会が開かれるなど親類縁者が大勢集って行われるイメージがある人が多いと思いますが、昨今では従来の家・村文化から少子化、核家族化へと社会の形態が変化するにつれてお葬式の形も変化しています。特に目覚ましいのが家族葬の増加です。これは従来の一般葬とは異なり、家族や親族のみでこぢんまりと行われるお葬式で、2日間にわたり行う通夜、葬儀、告別式を行う形式もあれば、これらを1日にまとめて行う形式もあります。その傾向は東京、神奈川、千葉などの都市部では特に顕著にみられる傾向があり、千葉県においても地域によってはこの形式での葬儀が右肩上がりに増加しています。では、増加の裏にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

故人と最後の時をゆっくり過ごせる

千葉県でも多く行われる家族葬ですが、そのメリットはなんといっても故人をゆっくりと送り出すことができる点にあります。一般葬では参列するお客の対応に追われて遺族は気を遣っているうちに葬儀が終わってしまうということも珍しくありません。また、飲食や香典返礼品の手配など、事務的作業でやることが多いため気が休まる間がありません。しかし、一般参列者を受けずに家族や親族のみが参列する葬儀では、周囲への挨拶など気遣うことやしきたりにとらわれずに心から故人を送り出すことに集中することができます。また、故人との最後の時間を家族や親族のごくごく親しい人のみでゆっくりと過ごすことができるのも大きなメリットで、最後の時をゆっくりと偲びながら過ごせる点が最大のメリットとなります。

お葬式の費用を抑えることができる

もう一つのメリットは費用を抑えることができる点にあります。一般葬の場合は参列者が確定しないため、ある程度大きめの会場を準備することが多く、会場が広くなると祭壇の飾りも大きくなるため必然的に葬儀費用は高くなります。また、飲食の準備や返礼品も多めに見越して準備することが必要ですが、家族葬の場合は少人数で確定した人数の参列者で執り行われるため、無駄なく低コストでこぢんまりと行うことができるのです。近年では冠婚葬祭を華美に行わず、そこにかける費用は生きている家族のために使ってほしいという遺志がある高齢者も増えています。晩年は一人暮らしで周囲とほとんど付き合いを持たなかったのでお葬式に来る人がほとんどいないという高齢者も増えており、理由は様々ですがシンプルなお葬式への需要は高まっています。